« RubyCocoa has been included in Leopard! | トップページ | Xcode 2.4 のリリースノートがないよ »

2006.08.14

RubyCocoa の apple-unstable ブランチがマージできるか検証

ブランチの寿命は短くしないといけない。これはプロジェクトの原則。そうしないと、コードの維持がどんどん大変になってしまうから。

なので、「apple-unstable ブランチを trunk にマージしないの?」との提案が Laurent から [rubycocoa-devel:347]。まあ当然だよな。とりあえず下調べ。

svn trunk は最近まで手つかずだったのだけど、Jonathan が

  • プロジェクトファイル(フレームワーク, テンプレート, サンプル)の .xcodeproj 化(Xcode 2.1以降用)に変換
  • ビルド設定の一部を外部化(configuration ファイルを利用)

というビルド周りの変更を行ったため、そのまんまではマージできない可能性もある。まあでも、変更部分はそんなにぶつかってないだろうから、svn merge で一発マージできるんじゃないかとちょっと期待して実験。

 % # svn trunk の作業ディレクトリに移動
   # まずはブランチが作成されたリビジョンを調べる
 % svn log --stop-on-copy https://svn.sourceforge.net/svnroot/rubycocoa/branches/apple-unstable/src  
   :
   :
 ------------------------------------------------------------------------
 r981 | (no author) | 2006-05-29 15:25:24 +0900 (月, 29  5 2006) | 2 lines
 
 This commit was manufactured by cvs2svn to create branch
 'apple-unstable'.
 ------------------------------------------------------------------------
 % 
   # というわけで、r981からのすべての変更を trunk にマージするとどうなるかを
   # ファイルを変更せず(--dry-run)に確認する
 % svn merge --dry-run -r981:HEAD https://svn.sourceforge.net/svnroot/rubycocoa/branches/apple-unstable/src 
   :
   :
 %

というわけで、以下の 3ファイルが衝突していることがわかった。

 C    ChangeLog
 C    install.rb
 C    metaconfig

まあコイツらくらいなら、そんな大変ではないんじゃなかろーか、というメールを出した [rubycocoa-devel:354]

|

« RubyCocoa has been included in Leopard! | トップページ | Xcode 2.4 のリリースノートがないよ »