« 最近の RubyCocoa | トップページ | 第20回 Cocoa勉強会 に行ってきた »

2006.09.29

ようするに fontconfig だったのか

と今ごろ気づく。Rabbit の Mac 用ドキュメント でフォントの利用に関する設定を書きながら、「X もずいぶん、フォントの設定方法変わったなー」と思っていたのだ。

というわけで、fontconfig のドキュメントを読んだ。あと、書体関係 Wiki - X でのフォント設定も。

~/.fonts.conf に Rabbit用の英数と日本語の組合せフォントを設定してみた。ヒラギノ角ゴシックあたりがプレゼンテーションではスタンダードだと思うのだけど、アルファベットのグリフがちょっと気に入らないので。

 <?xml version="1.0"?>
 <!DOCTYPE fontconfig SYSTEM "fonts.dtd">
 <!-- /etc/fonts/fonts.conf file to configure system font access -->
 <fontconfig>
 <!-- <dir>/Users/kimuraw/Library/Fonts</dir> -->
 <alias>
   <family>rabbit</family>
   <prefer>
     <family>Verdana</family>
     <family>Hiragino Kaku Gothic Pro W6</family>
   </prefer>
 </alias>
 <alias>
   <family>rabbit headline</family>
   <prefer>
     <family>Stone Sans Sem ITC TT</family>
     <family>Hiragino Kaku Gothic Std</family>
   </prefer>
 </alias>
 </fontconfig>

|

« 最近の RubyCocoa | トップページ | 第20回 Cocoa勉強会 に行ってきた »