« 次の RubyCocoa リリース | トップページ | InputSwitcher で「書類ごとに異なる入力ソースを使用」が復活! »

2007.11.10

appcast を自動化 - Sparklemation

また stepwise.com 経由で、Sparklemation という記事。これは、Sparkleフレームワークで利用されている appcast でのソフトウェア更新の配信を自動化しようぜ、というお話。

仕組みは単純で、

  • アプリケーションとそのた配布ファイルを ZIP で固める
  • appcast の xml ファイルを生成する
  • 上記のファイルをアップロードする(ここでは .Mac を使ってるので、ローカルコピーと操作は同じ)

という処理を行って、新規バージョンを配信するというもの。Xcode の構成が Release じゃないときにはエラーにするなど、ちょっとしたチェックも。なんだかんだで appcast ファイル書くのってカッタルイ(サンプルでしか書いたことないけれど)ので、こういうアプローチはよいと思うのです。

で、ひさしぶりに Sparkle のウェブサイト見たら、Sparkle 2.0 とかいうページができてた。なにをするのかよくわからない項目もあるけれど、野心的なプロジェクトみたい。個人的な希望としては、もう個別のアプリケーションごとに appcast のチェックをするんじゃなくて、集中管理するような PrefPane にならないかなあと思っていたり。

|

« 次の RubyCocoa リリース | トップページ | InputSwitcher で「書類ごとに異なる入力ソースを使用」が復活! »