« clang scan-buildのPortfileをclang-checkerて名前で野良Portsに | トップページ | マルチプロセスのCocoaアプリの構成を考える »

2008.09.01

第22回 Cocoa勉強会 関西に行ってきた

大阪で行われたCocoa勉強会 関西に行ってきました。

当日の発表など

今回はゲストとして"荻原本"の荻原剛志さんが来てくれました。執筆の際に訳語で苦労したことなど、おもしろい話が聞けてラッキーでした。荻原さんいわく「知っていることは全て本に書いた」とのことなので、これからも気合い入れて読みましょう。

ほかにも

  • iPhoneをNintendo DS・PSPと比較した位置づけ、ゲームを移植するときに留意すべきこと
  • WebViewのJavaScriptからObjective-Cのメソッドを呼び出す方法
  • MeCabを使って日本語テキストスピーチを行う

なんかがおもしろかったです。

木村の発表「Precipitateに見る、外部リソースのSpotlight化」

自分も「Precipitateに見る、外部リソースのSpotlight化」という簡単な発表をしました。 Spotlightは、そのMacのローカルファイルをインデックス作成の対象としますが、ローカルファイルでないものを検索したいならどうするか、っていう話。Precipitateが採用している方法は単純で、検索用にローカルファイルをつくるというもの。

それはそれとして、Precipitateのmdimporterで使ってるプラグイン機構がなにやらあやしげでおもしろそうなので、あとで調べたい。

関東は来週の9/13(土)に市ケ谷でやります。自分はいけないけど。

|

« clang scan-buildのPortfileをclang-checkerて名前で野良Portsに | トップページ | マルチプロセスのCocoaアプリの構成を考える »